about

猟師として生き、猟師として山を守る。

中山間地域の課題である、里山の荒廃、野生動物による農作物被害の増加や猟師の担い手不足、これらの課題解決をとにかくできることから体を動かしながら取り組んでいこう!というノリと勢い重視の平均30歳くらい(結成時は20代)の若者猟師チームです。NPO法人メタセコイアの森の仲間たちの一事業として、2009年よりスタート。
郡上の里山を守るためには、自分たちが猟師として自立し、猟師の六次産業化を実現する必要があると考えます。
応援、よろしくお願いいたします!

http://inoshika.jp/

■事業内容
・ 狩猟、解体、商品開発(農水省:六次産業化・地産地消法に基づく事業計画)平成24年度第3回認定
・猟師とエコツアー「山歩き&BBQ」「解体ショー」「猪骨ラーメン作り」など
・鳥獣被害対策支援「守り、捕獲できる集落倍増計画」
・講演・視察受け入れ(猪鹿庁事業紹介、地域活性化、地域資源活用など)

■本HPについて
 本ページでは、猟師である私達「猪鹿庁」が開発したオリジナルのジビエ加工品や、狩猟グッズ、クラフト製品等を販売しております。


本オンラインショップは、狩猟活動、獣害対策活動など様々な活動の合間に手作業で梱包発送など行っています。
Amazonなどの大手の一般的なネットのお店のような対応はできそうにありません。広い心で寛大にお付き合いいただけると幸いです。